ここから本文

照明器具メンテナンス
安定器交換やランプ一斉交換時の器具清掃、バッテリー交換など、照明器具を交換する前に、経済的に効率向上をお手伝いする方法があります。また、それは器具効率をあげるだけでなく商品を安全に長くお使いいただくお手伝いでもあります。
 
安定器交換
現在使用中の照明器具のまま安定器のみをインバーター化することにより、一台当たりの効率を向上させることができ、比較的経済的に省エネにつながります。照明器具、安定器の寿命はおおよそ8年から10年とされています。古くなった照明器具は、外見だけでは判断できない劣化が進んでいることが多く絶縁劣化によって発煙事故に至るケースもあります。安全面からもお早めに点検と交換をご検討ください。

器具清掃(ランプ一斉交換時)
ランプの一斉交換をする際に、同時に器具の清掃を行うだけでも照度がアップします。器具周りの清潔感も向上しますのでより快適な空間に改善することができます。ランプ一斉交換の際のオプションとなりますが、ご想像以上に効果があると考えております。

誘導灯・非常灯のリニューアル、バッテリー交換
万一の停電時に役立たなければならない誘導灯や非常灯。実は点灯させていなくても、バッテリーは消耗しています。そのため、定期的な交換が必要となります。また、避難時の安全を確保するため、誘導灯・非常灯は停電時の点灯時間を維持管理(点検・報告)することが法令によって定められています。『何年も交換していない』『いつ交換したかわからない』などありましたら是非ご相談ください。
 
このページのトップへ 戻る このページのトップへ このページのトップへ